stc2

当社は安定性試験設備・機器、サービスに関する情報提供の他、FDAの動向やICHガイドライン、日本におけるPIC/S対応に関してなど、2001年より安定性試験に関する幅広い内容をテーマとし、年に1度セミナーを開催しています。 本セミナーは、主たる製薬企業各社様に大変ご好評いただいており、関連ガイドラインの変更や改訂、公的機関の動向、国際学会の内容等についての最新情報を発信しています。

2013年からは、セミナーと合わせてワークショップを開催しており、今後も参加者を主体としたコミュニケーションの場をご提供できるよう、取組みを更に拡大してまいります。

近年のセミナーテーマについて、いくつかご紹介致します。

•保存設備における新しいバリデーションコンセプト
•安定性試験のリスクを低減するNASTERシステムについて
•安定性試験機器のリスクアセスメントについて
•FDA査察最新指摘事項
•PIC/S 対応と新しいバリデーションデザイン
•PDA/FDA 合同会議に関する報告
•安定性保存のData Integrity課題
•日局改訂のポイント

当社は特定の製薬企業様向けの個別セミナーとして、製薬企業の研究所員様、工場部門のQC/QAご担当者様向けのセミナーはもちろんのこと、受託試験機関、安定性試験関連の研究機関に所属される方を対象にしたセミナーも、承っております。

さらに、ナガノサイエンスでは初めて安定性試験に携わられる方向けの支援サービスも実施しています。

詳細はお問い合わせください。