2019年12月24日

医薬品安定性試験事業のトップ企業である当社は、2019年11月13日、環境試験事業のトップメーカーであるエスペック株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:石田雅昭)と、中国等における双方の事業を推進するために以下の業務提携について合意しました。

 

業務提携の概要

当社は、今般、中国・アセアン諸国の市場向けに新型の医薬品安定性試験機器を開発しました。
今回合意した業務提携は、この新型安定性試験機器の量産を、エスペックグループの中国の生産会社エスペック広東に委託するものです。
エスペック広東では、これまで培ってきた環境試験器の製造技術および品質管理体制を、医薬品安定性試験機器の量産体制整備に応用します。

当社では、5年前のインドネシア市場進出後、他のアセアン諸国市場での医薬品安定性試験に関する各種ソリューションを提供しており、近年医薬品産業の成長が著しい中国市場では、2019年7月には、中国深圳市に当社子会社となる合弁会社、Shenzhen Nagano Innovation Pharma Stability Solutions Co., Ltd..を設立しました。

本業務提携により、エスペックグループではエスペック広東の生産技術力を拡大でき、当社においては、中国・アセアン諸国市場向けの安定性試験機器を安定的に調達することが可能となります。当社では、当社グループおよび販売パートナーによる同市場における各種ソリューション提供体制をさらに強化してまいります。