2020年1月29日

 

当社は、製薬企業様をとりまく分業化・働き方改革の流れを受け、検体保存業務を製薬企業様の施設内にてご支援する「サブスクリプション型のサービス提供」を開始しました。

今回、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社の神戸医薬研究所様(KPRI)の働きかた改革をご支援する目的で提供開始した「分業型検体保存サブスクリプションサービス」は、医薬品安定性試験における検体保存業務をパッケージ化し、包括的な受託サービスを定額化したものです。
製薬企業出身者の豊富な経験と知識、並びに安定性試験専門企業ならではのノウハウを反映した世界的にも稀な安定性試験サブスクリプション型分業ソリューションとなっています。

<今後の展開>
長年の経験と実績、最新の関連レギュレーションへの深い理解、蓄積した多様な独自データをベースに、医薬品R&D活動の中でノンコア業務とされる本サービスを、弊社サイト、お客様サイトを問わず提供していきます。
現在は、近畿圏限定で本サービスを提供していますが、順次提供地域を広めていきます。
今後、国内外の様々な周辺企業様との積極的な連携を行い、グローバルエコシステムの形成に努め、日本での実績を活かしたグローバル展開を加速します。