フロン排出抑制法が2015年4月より施行され、フロン類を使用した
業務用冷凍空調機器の管理者(機器所有者、使用者)に役割と責務が定められました。
弊社製品の圧縮機電動機出力は全て7.5kw以下となりますので、
簡易点検の実施が必要となります。
簡易点検の手引に関してまとめましたので、以下の資料をご確認下さい。

・簡易点検の手引き(恒温槽、恒温恒湿槽、光安定性試験機、クーリングキャビネット)

・簡易点検の手引き(恒温室、恒温恒湿室)

 

 弊社製品に関するフロンの種類、封入量、圧縮機電動機出力値に
ついては以下の機種別一覧をご確認願います。
尚、恒温室、恒温恒湿室の封入量、圧縮機電動機出力値は
機器によって変化致しますので都度問い合わせ願います。

※以下にない機種についてはお問い合わせください。

※2017年6月29日付、一部資料を更新、修正致しました。
 記載内容に誤りがありましたこと、お詫び申し上げます。

・LH、CHシリーズ(2017.6.29付 修正有)

・LHLシリーズ(2015.7.2付 修正有)

・LT,LTLシリーズ(2015.7.2付 修正有、2016.2.25付更新有)

・NSTシリーズ(2016.2.25付更新有)

・CC、CTシリーズ(2017.6.29付 更新、修正有)

 

フロン排出規制法の詳細につきましては、環境省のHPをご確認下さい。 http://www.env.go.jp/earth/ozone/cfc/law/kaisei_h27/index.html