【重要なお知らせ】
<停電や浸水時に電源が落ちた装置への対処方法>
工務様やお近くのお取引されている電気工事会社様とご相談頂いた後に復旧をお願い致します。
電気機器や電路が絶縁不良によって漏電し、火災や感電事故を起こす可能性があります。
この危険を防止するために絶縁抵抗試験を行い、安全を確認して頂く必要があります。
一般的には電気機器や電路の使用を停止(電源ブレーカOFF)して、絶縁抵抗計で測定願います。
◆リーチインチャンバー確認箇所
1.本体右下の機械室カバーを外して頂き、ブレーカ(ELB)の2次側を測定してください。
2.絶縁抵抗計(500Vメガー)を用いて、「5MΩ以上」あることをご確認ください。
◆ウォークインチャンバー確認箇所
1.操作部扉を開いて頂き、ブレーカ(ELB)の2次側を測定してください。
2.絶縁抵抗計(500Vメガー)を用いて、「5MΩ以上」あることをご確認ください。

その他、安定性試験に関するご不明点がございましたら、
以下いずれかの連絡先へお問い合わせください。

①本社営業部門:06-6836-2655
 平日9:00-18:00

②東京支店営業部門:03-5783-1100
 平日9:00-18:00

③メンテナンスコール:0120-81-8806
(上記時間外含む終日)

④本メールへのご返信

弊社HPにて以下の異常処理手順を公開しております。
合わせてご確認下さい。
http://naganoscience.com/ja/news-2/129-hazardmanual.html

①安定性試験機器・室の異常処理手順
②計画停電時の対応について
③復旧後の安定性試験装置自己点検について
④ボトルキャビネット(薬品保管庫)の不具合処理手順

 

【重要なお知らせ】
<停電や浸水時に電源が落ちた装置への対処方法>
工務様やお近くのお取引されている電気工事会社様とご相談頂いた後に復旧をお願い致します。
電気機器や電路が絶縁不良によって漏電し、火災や感電事故を起こす可能性があります。
この危険を防止するために絶縁抵抗試験を行い、安全を確認して頂く必要があります。
一般的には電気機器や電路の使用を停止(電源ブレーカOFF)して、絶縁抵抗計で測定願います。
◆リーチインチャンバー確認箇所
1.本体右下の機械室カバーを外して頂き、ブレーカ(ELB)の2次側を測定してください。
2.絶縁抵抗計(500Vメガー)を用いて、「5MΩ以上」あることをご確認ください。
◆ウォークインチャンバー確認箇所
1.操作部扉を開いて頂き、ブレーカ(ELB)の2次側を測定してください。
2.絶縁抵抗計(500Vメガー)を用いて、「5MΩ以上」あることをご確認ください。

その他、安定性試験に関するご不明点がございましたら、
以下いずれかの連絡先へお問い合わせください。

①本社営業部門:06-6836-2655
 平日9:00-18:00

②東京支店営業部門:03-5783-1100
 平日9:00-18:00

③メンテナンスコール:0120-81-8806
(上記時間外含む終日)

④本メールへのご返信

弊社HPにて以下の異常処理手順を公開しております。
合わせてご確認下さい。
http://naganoscience.com/ja/news-2/129-hazardmanual.html

①安定性試験機器・室の異常処理手順
②計画停電時の対応について
③復旧後の安定性試験装置自己点検について
④ボトルキャビネット(薬品保管庫)の不具合処理手順

 

 

フロン排出抑制法が2015年4月より施行され、フロン類を使用した
業務用冷凍空調機器の管理者(機器所有者、使用者)に役割と責務が定められました。
弊社製品の圧縮機電動機出力は全て7.5kw以下となりますので、
簡易点検の実施が必要となります。
簡易点検の手引に関してまとめましたので、以下の資料をご確認下さい。

・簡易点検の手引き(恒温槽、恒温恒湿槽、光安定性試験機、クーリングキャビネット)

・簡易点検の手引き(恒温室、恒温恒湿室)

 

 弊社製品に関するフロンの種類、封入量、圧縮機電動機出力値に
ついては以下の機種別一覧をご確認願います。
尚、恒温室、恒温恒湿室の封入量、圧縮機電動機出力値は
機器によって変化致しますので都度問い合わせ願います。

※以下にない機種についてはお問い合わせください。

※2017年6月29日付、一部資料を更新、修正致しました。
 記載内容に誤りがありましたこと、お詫び申し上げます。

・LH、CHシリーズ(2017.6.29付 修正有)

・LHLシリーズ(2015.7.2付 修正有)

・LT,LTLシリーズ(2015.7.2付 修正有、2016.2.25付更新有)

・NSTシリーズ(2016.2.25付更新有)

・CC、CTシリーズ(2017.6.29付 更新、修正有)

 

フロン排出規制法の詳細につきましては、環境省のHPをご確認下さい。 http://www.env.go.jp/earth/ozone/cfc/law/kaisei_h27/index.html

お客様各位

近年、安定性試験に影響を及ぼしかねない大型の地震が頻発しています。
これまでに被災経験のない地域の皆さまにおかれましても、
「避難経路の十分な確保」「震災・災害発生時の安定性試験機器の耐震固定」
「生データバックアップ対応」など事前の震災対策検討をお願い出来ればと思います。

弊社と致しましては災害発生時に出来る限りの支援をさせていただきたく、
安定性試験に関するご要望、メンテナンス依頼等ございましたら
何なりと、以下いずれかの連絡先へお申し付けください。

1.大阪本社営業部門:06-6836-2655
    平日9:00-18:00

2.東京支店営業部門:03-5783-1100
    平日9:00-18:00

3.メンテナンスコール:0120-81-8806  (上記時間外含む終日)

 

【重要なお知らせ】
◆安定性試験機器・室の稼働停止時の対応について

1)恒温恒湿の保存条件:例 25℃60%RH、40℃75%RHなどの場合
・安定性試験機器・室の扉の開放をお願い致します。
⇒加湿皿にはお湯が溜まっている為、
蒸気が発生し、槽内が過飽和状態となります。

2)低温の保存条件:5℃、10℃などの低温で湿度をかけていない条件の場合
・安定性試験機器・室の扉は開放せず、そのまま保持する。
⇒扉開放しないことで、一定時間の保冷効果を発揮します。

3)集中管理システムの状況確認をお願い致します。
・非常用電源へ接続させる。もしくは計測停止してしまっている場合は、
データロガーなどで一時的にバックアップして頂くこともご検討頂ければと思います。

関連する資料につきましては以下をご確認下さい。

・安定性試験機器・室の異常処理手順
・計画停電時の対応について
・復旧後の安定性試験装置自己点検について
・ボトルキャビネット(薬品保管庫)の不具合処理手順

◆計画停電に対する備え
計画停電時の安定性試験機器・室(機器・室)の稼働へのご対応について、ご案内申し上げます。

1)自家発電機がある場合
発電機が機器・室へ電力を供給できるようになっているかどうか、念のためにご確認をお願いいたします。
稼働に関しましては、手順書等のご参照をお願いいたします。

2)自家発電機が設置されていない場合等
自家発電機が設置されていないか、自家発電機が稼働しない場合には以下のようなご対応をご検討ください。
2)-1.機器・室の扉を開放し、電力供給が安定するまで放置(せざるを得ない)。
2)-2.機器・室の使用を継続する場合。
    上記手順書をご参照ください。    

尚、「扉開放」については、全開の状態ですと転倒災害、
扉破損等の二次被害に繋がってしまう恐れがあります。
 開放する際には、扉と本体部分の間にスペーサを挟み込んだ上、
周囲を針金やバンド等で2か所程度、3重以上で巻いていただく等の処置を推奨致します。  

当社は、米国FreeThink社製品に関する日本国内のマーケティング活動、
及び契約サポートに関するエージェンシー契約を締結いたしました。
FreeThink社は、Kenneth Waterman博士(元ファイザー社)により2011年に設立され、
同社が提供する「安定性予測」はアレニウス式を独自改良しており、
実践的であるとの評価が定着し海外では導入が進んでおります(大手製薬企業30社の約半数が導入済み)。
また、既に約10年に渡るノウハウの蓄積があることも同社の強みとなっております。
当社は、FreeThink社の最新製品ASAPprime®安定性予測ソフトウェアの提供を通じて、
製剤開発段階等における多面的な安定性検討を支援して参ります。
ASAPprime®安定性予測ソフトウェアに関するご説明、トレーニング、ご契約、
並びに同社のラボサービスに関する各種サポートを順次開始して参りますので、
ご興味をお持ちの方は担当:佐藤までお問合せ下さい。
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。