検体管理システム

医薬品安定性試験に長年携わってきた経験と、多くのユーザーからのご要望を元に開発されたのが、弊社の検体管理システム、RiBS Managerです。

長期、加速、苛酷、光安定性など多種の試験に加えて、剤型、容量、ロット、設置スタイルなど多様な項目を管理するのは負荷の大きな業務です。検体量が増えれば煩雑さが増し、サンプリング忘れなどのミスにも繋がりかねません。

RiBS Managerには保存開始からサンプリング、試験終了まで、負荷軽減のための様々な工夫が施されています。また、NASTER Systemとの連携により温湿度データや逸脱データを確認することもできます。

業務負荷の軽減に、是非弊社のサンプルマネジメントツールをご検討下さい。

詳細はお問い合わせください