ナガノサイエンスは、常に安定性試験に関するガイドラインの変更や改訂を調査し、それに基づいて、教育プログラムをご提供しています。 定期的な情報公開や、現場のお客様の要望に応じた個別のトレーニングプログラムで、お客様のサポートを行っています。

このトレーニングプログラムは、基本的な知識から、高度な専門情報システムまで幅広く、ガイドラインの変更や改訂、監督機関の査察や傾向分析までと幅広く、市場の最新の技術開発動向を理解するのに役立てていただいています。

 

オペレータトレーニング

安定性試験機器の据付時に基本的なオペレータトレーニングを実施しています。また、機器を常時に正しく運転させるため、ご担当の変更などの場合に対応するため、追加トレーニングも行なっています。

お客様がどこにいても永続的にサービスをご提供し続けるため、私たちのパートナーに対しても定期的な技術トレーニングを実施しています。 

 

過去に実施した教育プログラムの一例

  • 安定性試験ガイドラインICH Q1A (R2)について
  • 光安定性試験の概要について
  • 医薬品輸送の安定性試験及びコンティンジェンシープランについて
  • 安定性試験検体保存プロセスにおけるICH Q8, Q9, Q10の実行について
  • FDA査察事項(FDA 483発行のWarning Letters)と安定性試験の傾向について

詳細はお問い合わせください。