ナガノサイエンスは、医薬品安定性試験保存プロセスにおけるリスクを見極め、コントロールし、リスクの最適化を行っています

リスクマネジメント医薬品安定性試験において、試験設備・機器は24時間365日連続稼働しています。

安定性試験の中断は、そのことで費用が発生するだけでなく、最悪の場合には申請データが取れなくなることで、医薬品の承認・申請、販売が遅れ、会社に膨大な損失が発生するリスクがあります。

このようなリスクを最小限に留めるため、ナガノサイエンスはリスクアセスメントによるリスク低減に向けたサービスをご提供いたします。

このサービスはGMP及び日米EU医薬品規制調和国際会議(ICH)(Q9,  Q10など)に準拠しており、製品に重要な品質特性、品質保証、品質管理プロセスを明確にし、実行、監視する仕組みをご提供します。

詳細はお問い合わせください。