安定性試験設備は、メーカーならではの信頼性の高い設備を配し、最新トレンドに適合したバリデーション、管理体制を完備して検体保存サービスをご提供致します。

充実した管理体制:

  • セキュリティ対応
  • 常時モニタリング(21 CFR Part 11準拠)
  • 警報通報時の遠隔監視
  • 機器異常時の対応
  • 停電時の対応
  • 断水時の対応
  • 地震時の対応

保存条件:

ICHガイドラインにおける長期保存・中間・加速試験。( )内は半透過性容器の場合。

  • 長期保存試験 25℃/60%RH (25℃/40%RH) または30℃/65%RH (30℃/35%RH)
  • 中間試験    30℃/65%RH (30℃/65%RH)
  • 加速試験    40℃/75%RH (40℃/25%RH以下)
  • その他       5℃、サイクル試験、苛酷試験

お客様のご要望に応じたパッケージをご提案します。

詳細は お問い合わせください。